バブル恐怖症

さっき株の雑誌を立ち読みしていたら、ちょっと興味深い記事がありました。

自分の保有している株銘柄の売り時や(損切り時)や、将来の見通しなどを誌上相談するコーナーなのですが、、。
なんと、6人くらいの相談者全員が大幅な含み益保有者で、「有利な売り時」を相談しているんですね。

このコーナーは、今までの例で言うと、大抵は「含み損の塩漬け株をどうしたらいいでしょうか?」というのが、相談のメインテーマだったはず、、、。
なのに、全員が含み益、、。
損している相談者がいないとは、、。

なんとなくねえ、。
書くいう自分も、ガンガン株を買いあさっている現状なので、不安になってきました。
これが、アレキダンダーエルダー博士のいうところの、「売り時のサイレン」なのだろうか。

この記事へのコメント